2016年11月25日

美しい布を織るように

ある程度ピアノが弾けるようになってくると、今度は「少しでも美しく弾きたい」と思うようになるものですよね。自分の演奏の動画や録音を聴いて、私、頑張って弾いたけど…あんまりキレイじゃないなあ…と。

演奏のレベルを上げるにはそれはもう無数のやり方があって、ピアニストですら一生追い求めるものであったりするのですが…。私が最近よく思うのは、ピアノは縦糸と横糸の折重なりで出来ている、織り物と似ているということです。

縦糸が、一つ一つの音符。横糸がフレーズやメロディー。大抵の場合、これらのバランスを取るのが難しく、大体どちらかの糸が太くなりがちです。ちなみに私の場合…以前は横糸(流れ)が強くて、縦糸(個々の音)が弱かったです。これはひとえに…森ばかり見て木を見ない、本来の大雑把でせっかちな私の性格によるところが大きいと思われます(^^;;。とにかく何をやらせても、早いのに雑!と言われて育ちましたのでね…この曲はこんな曲、こう弾きたい、早く仕上げよう!と、外枠を把握するのが先に立ちすぎて、詳細がいい加減だとこうなりやすいです。縦糸がおろそかになると、音が抜けたりかすれたり…が増えます。

私は大人になってからも、自分の演奏のレベルアップは縦糸の強化だ!となかなか気付けず、基本中の基本である「音符と楽譜を読む」という、わかったつもりでわかってなかっていなかったことを先生に教えられ、縦糸のことに気付き…とても納得いきました。

対して、着実にゆっくり積み上げるのが得意な人がいます。丁寧に、キッチリと。こういう演奏の場合、一つ一つの音符がキチンと鳴って丁寧な印象は受けるのですが、横糸が弱いと「音が並んだだけ」になりやすいです。音楽として流れにくいので、聴いていて詰まるような感じがあったり。この場合は、まずフレーズなどの小さな単位でいいから、塊で感じてまとめて弾くことから…になります。

いくら素敵な森を作ろうとしても、一本一本の木々が手入れされていなければ、やっぱり素敵な森は出来ないわけです。そして、一本一本を丁寧に手入れしたとしても、空から森を見たときにいびつであれば、やはり素敵にならない。木が縦糸で、森が横糸みたいなものでしょうか。布を織るだけなら簡単だけども、糸の太さや強さをコントロールしてなめらかな美しい布を織りたいですよね。まずはご自分のピアノがどちらの傾向にかたよりがちなのか分析してみると、縦糸と横糸のバランスが整ってさらにレベルアップできることと思います(^^)。
【ピアノ演奏のポイント(中・上級者向け)の最新記事】
この記事へのコメント
こんにちは!

最近、考えている事を書かれてありびっくりしました!
確かに織物に似ていますね。
私はパッチワークを思い浮かべる時があります。
一つ一つは綺麗でも繋げ方や置き方のセンスだったりとか。

私は縦糸も横糸も今一つなのは分かっていますが、どちらかと言うと横糸の方が強いような気がします。
せっかちだし。。
感覚で弾いてしまいがちで、一つ一つの音が抜けたり立ち過ぎたりしてしまいます。
そうかと思えば、フレーズ感もよく先生に言われるので、やっぱり横も弱いかな^^;

気をつける事がいっぱいです!
Posted by ayayan at 2016年11月26日 12:07
毎度のことながら、表現がすごく的を得ていて感心して読ませてもらいました。

縦も横も、いまだにバラバラで、やっとそれに気が付ける耳が遅まきながら成長中。
人に指摘されても気づけないことなんですよね。
自分がわからなきゃ・・・
わかったからって、そこからまた大変で・・・
それが面白みでもありますが(笑)
Posted by たかこ姫 at 2016年11月26日 19:51
ayayanさん

カキコミありがとうございます!遅くなってすみません、久々のブログなのでメールのチェックが甘かったみたいで気づくのが遅れました…。

パッチワーク…それもいいですね(^^)。私は手芸は大作をやるのが好きですよ、なぜなら細部があまり目立たないから(^^;;。なんて言ってるから、縦糸が雑なんですね…ピアノも。

縦糸横糸は、意識次第でいくらでもバランス変えられますが、うっかりするとどちらかに傾くんですよね。それを繰り返しながら、縦と横がならされていくんだと思います。

ほんとにピアノはいくらでも手をかけられるので、楽しいし大変ですよね(^^;;。
Posted by mintberry@管理人 at 2016年11月30日 11:24
たかこ姫さん

私信のほうも遅くなり、失礼しました!

そうなんですよ、まず耳ですよね。そして、意味は理解できても、弾きながら自分の音を客観的に聴くことの難しさ…です。私もそうですが、先生やみなさんに指摘されて直すことは出来たとしても、それだけでは自分のものになってないんですよね。自分で音を聴いて、ほんとにそうだわ!直そう…と思ってから自分のものになっていくんだと思います。

耳を育てると、どんどんこだわりが深くなってモチベーションになるんですよね(^^)。
Posted by mintberry@管理人 at 2016年11月30日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: