2017年11月01日

テンポをコントロールする

皆さんは、今弾いている曲の自分の適正テンポをご存知でしょうか?あくまで、「今の段階の」です。私が思う、今の自分の適正テンポとは。
@楽譜通りの音を鳴らせて
A指使いに迷わず
B強弱、フレーズをはっきりさせ
C音楽的に弾ける
ギリギリのテンポです。これって実は、結構遅くなるはずだと思います。

子供達をレッスンしていると、弾けていないのに速く弾こうとすることがあります。そこ、ゆっくり弾いて?と言うと、大体みんな嫌そうな顔するんですよ(^^;;。中には、死ぬほどゆーっくり弾き始めて、どうだっ!て顔する子もいまして。いいね〜、じゃあそれで最後まで弾いてね…と言うのですが、結局もとの速さに戻ったり、わからなくなったり…と、弾けた子はまずいないです。そして、次に来るのが「速くなら弾けるからいいんだもん!!」です。

ですが。必ずゆっくりも弾けなくてはダメだと私は思っています。そして、ゆっくり弾いてみると、おもしろいくらいボロがでてきます。それくらい、私たちは曖昧にピアノを弾いていて、テンポ速ければそれが自然にごまかされて弾けたつもりになりやすいです。つまり、ゆっくり弾くのは速く弾くより難しいです。なので、ゆっくりをキチンと弾ければ、きれいにテンポを上げていくことができるし、暗譜もそれだけしっかりします。いいことづくめです(^^)。

ピアノの場合、ソロであればテンポは好きに設定出来ますが。特に速い曲の場合なんですが、弾きたい速さの少し遅めでも、練習しておいた方がいいです。例えば、本番のピアノの鍵盤が重くて弾きにくい…とか。指先が乾燥してすべる…とか。気持ちよく弾けない環境のことがあります。その場合、速い曲をいつも通りに弾くのは事故りやすいので、少しテンポ落として弾きたいところです。あと、本番は緊張して無意識に速くなりやすいので、落ち着いたテンポバージョンで弾くくらいでちょうどいいです。それでも後から録音聴くと、普通に速いですから(^^;;。でもこれだって、落ち着いたテンポバージョンを練習しておかないと弾けないものです。テンポ落とすって、上げるよりも怖いものなので、その場でいきなりやると失敗しますのでね…。

なので、テンポをコントロールする為には、かなり弾きこんで楽譜を理解していることが必須なので、色々なテンポ練習は、舞台にあげる曲の完成度を上げるのにはオススメだと思います。どんな速さでも弾ける!を目指してみてください(^^)。

【ピアノ演奏のポイント(中・上級者向け)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: