2017年12月14日

ピアノと歌の話

私のレッスンでは、弾くことに加えてソルフェージュ、歌うことも重要だと考えています。

なぜソルフェージュが大切なのか。多分、一番想像しやすいのは音感がつくからではないでしょうか。何故音感があると良いのか。実践的な理由として、楽譜を見ながらピアノを弾いていて、自分が違う音を出した時に手元を見ていなくても気付きやすいです。まあ、音感がなくても一音ずれればとんでもない響きになりますので、大抵の子が気付きますけども。それでも、レベルが上がって音の並びが複雑になっていくほど、自分の出している音の高さは耳でわかる方がいいです。

あと、私は導入の子には、しつこくドレミで歌いながら弾いてもらいます。これにも理由がありまして、ピアノを弾く時に頭の中でドレミで歌うくせをつけてもらいたいからです。これをしないと、指づかいだけ見て指を動かしてしまうようになり、楽譜を読まなくなる子が多いんです。自分がドレミ…と歌い、指を1,2,3と動かすことがとても大事で、音と指が脳でつながります。これが読譜力に大きく助けになります。そして実はピアノは、頭でドレミを鳴らさなくても弾けるし、そういう方も多いかと思うのですが。それは、指の動きと感覚で覚えている弾き方になるので、暗譜で人前で弾く際に危うかったりします。予期せぬことが起こりやすい中で、ドレミでも覚えていないと真っ白になりやすいです。

でも…実はソルフェージュの最大の目的は、上記のことではないと思うようになりました。昔の恩師がよく、「ピアノが上手になるから、歌をたくさん歌ってください」と言われていたのですけど。それは、音感などのことよりもむしろ、音楽としてピアノを歌わせる勉強になるからという理由でした。

音楽とは、間違えずにキチンと弾くことではないです。楽しく、美しく、切なく…色んな気持ちをのせて音にすることだと思います。その、気持ちをのせて音にするのに一番身近で簡単なのが声に出して歌うこと。なぜなら私たちは毎日、歌ではないけど言葉を使って、自分の声で色んな表現をしていますよね(^^)。かわいい♪とか、ほんっとに嬉しい…とか、もう、やめてよ!とか。その時に、言いたいことを言う前に息を吸い、一息に話すと思います。ピアノでもそれをやって欲しいんです。でも、楽譜を見て弾くことに必死になりやすい間は、音を鳴らすことが精一杯でそこまで余裕がないので…歌のほうがやってみやすいわけです。

だから歌は音楽の1番の原点なんだろうなと思います。例えばカラオケで熱唱できるということは、立派な音楽があなたの中にあるということなんだと思います(^^)。その感じが、楽器で演奏するときに音の羅列にならずに音楽になっていく原動力で、なによりも大切なことだと私は思います。
【ピアノ練習のポイント(初級者向け)の最新記事】
この記事へのコメント
こんにちは!

声に出して歌うことと、弾くことは同じと、頭では理解してても、
例えば、猫ふんじゃったっ猫ふんじゃったっ歌えど、
弾いたら,猫ふんじゃったぁ⤵猫ふんじゃったぁ⤵となる。
この違いを分かるまでの道のりは長かった(笑)
咲いた⤴咲いた⤴チューリップの花が・・・も
どれみーぃどれみぃそみれドレミれぇとなる。
悲しいかな、こういうのが現実で、
声に出してというと、恥ずかしいとくる。
何を言われているかわからない子もいるし、
聴いているつもりが違いまで分からない聴き方しかできない子もいる。
最初のうちにわかってもらうのが一番大事だと思います。

Posted by たかこ姫 at 2017年12月25日 15:20
たかこ姫さん

お返事遅くなってごめんなさい!最近ジャンクメールが多すぎて、書き込みのお知らせに気付きませんでした…メアド変えたいんですけど、ほとんどのアプリにつなげているアドレスなのでどうしていいかわからず…失礼しました。

自分で歌うように弾ければ、苦労しないですよね(^^;;。私もよく、そのつもりで弾いているのに録音聴いたら全然…ということがあります。まあでも、音符通りに鳴らせば合格!と満足してしまう子供に、音には表情があることをわかってもらうには、やっぱり歌なんですよね…。

歌うのがどうしてもイヤで、恥ずかしい子も多いですよね。そんな子には、音が多少外れても指摘しすぎず、小さな声でも良し…としてます。歌心があれば、上達は早いとは思うのですけどね(^^;;。

Posted by mintberry@管理人 at 2018年01月19日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: