2017年12月20日

調律でした

そろそろ調律しないと…とずっと思っていたのですが、今年はグズグズと雨が続いたり変なお天気で。湿度下がったらお願いしようと思って、バタバタしていたらあっという間に師走です…(^^;;。

私のピアノは、中のアクションこそ新しいですが、外側は1913年製のドイツ生まれ、IBACHというアンティークピアノです。ボロボロになっていたこのピアノを買い付けてきて、オーバーホールして販売していた、ヤマテピアノさんで10年ほど前に購入しました。そしてその時にこのピアノを生き返らせた調律師さんに購入当初から調律をお願いしています(^^)。

実は、前日からFの鍵盤が全く鳴らなくなってしまって…とお伝えしたところ。作業が始まりました。
0F9A3FF7-32DE-4484-99D0-7231C6C879CB.jpeg

ピアノって、こんな風に引き出しみたいになってるんですよ。いつ見ても、精巧ですごい数のパーツで出来てるなあ…と感心してしまう…
601A028D-CEA3-419D-93F8-DA135D0CBA22.jpeg

アクションごと引っ張り出して入念にチェック。
CE28C5B9-C230-4898-8AAC-970C5874FB6F.jpeg

この白丸の部分だけ、おかしいですよね。ココがFの鍵盤だそう。
76EC359B-D62A-4093-A907-25891DDAAFD9.jpeg

この小さなひもが切れてしまって、ハンマーが上がらなかったそうですよ。
D7B51E07-1DBF-43DB-93DB-6C95AFB1BB34.jpeg

昔のピアノですし、替えのパーツなど取り寄せも難しいので、慎重に修復してもらいまして…直りましたFの鍵盤のアクションがこちら。
87D924D6-E6A3-4E58-85B0-D953D48FC6CA.jpeg
白丸のところが、新しくなったひもの部分ですね。

いやあ…ピアノってほんとにすごい。パーツは8000個に及ぶそうです。ピアノをよく知らないチビちゃんに、グランドピアノはアップライトよりも中が見えやすいので、すごいでしょ!大事に弾こうね(^^)と見せてあげたりします。
posted by mintberry at 20:03| Comment(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: