2018年01月19日

なんかヤだな…に敏感になる

2018年最初の日記なので…私が練習している際に、最近大事だなと思うことを書こうと思います。

私に先生がいる話を美容室でした時に。「え!!ピアノの先生なのに、先生がいるんですか??それ以上何を習うんです??」と言われまして。ありますよー、無限にね☆

大人になってからのピアノ歴が、気がつくと子供の時よりも上回っていた今日この頃(^^;;。大人になってから弾いている曲はずっと大体同じレベルなんですが、昨日よりも今日のほうが、弾けるようになったと思っています。もちろん、加齢による記憶力や視力、気力の衰えはあるんですけれども(^^;;。それでも、以前の方が弾けたなあ…とは思わないうちは、進歩してるんだなあ…とほんのり嬉しいです。

さて、以前と曲の難易度レベルがさほど変わらないのに、何を目指すのか…というのは、上級者さんたちの永遠の課題かと思います。結局は、その曲に手が届いた!から、その曲をどれだけ完成度上げて弾くか…になっていくことと思います。この差が、とてもとても高い壁です。

私は、極端に超絶技巧な曲でなければ、まあ大体の曲が音を鳴らせるようになった…というところで、やっとスタートラインに立てた!と思いました、今にして思えばですけど。そしてそこからが、長くて大変だけど、本当に楽しくて、ピアノを学び終える気がしない!と思っています。

さて、曲の完成度を上げるために必要なこととは。色々あるのですが、不安要素を撲滅するのがとても重要です。不安要素とは、平たく言えば「弾きこなせていない箇所」なんですけども、厄介なのは弾いている本人がそれに気づいていない箇所なんですね。

ピアノって、本当に。ノリと感覚、運動神経で意外と弾けるものなんです。私も大人になるまで、ほぼ100%、これで弾いてましたから(^^;;。でも、これ頼りでは必ずいつか破綻するか、もしくはいつまでたってもすり傷だらけの雑なピアノになりがちです。勢いはあるかもしれませんけどね。

なので、楽譜とゆっくり向き合って、色々読み解きながらゆっくり弾いていくことが大事なのですが、慣れてくると上記の「運動神経や感」が知らないうちに出てきて、なんか弾けたように気になりやすいんですね。私も何度もこれで失敗しました。この曲弾けた!と思って本番で弾くんですが、なんで??ってところで崩壊…。

なので私は最近、練習しながらいつも、一瞬でもヤな感じがするところは無いか??と自分の感触を探りながら弾いています。一瞬指が迷う、一瞬頭の中の音符がふわっとぼやける。それでも手が勝手に弾いたりするので意外となんとかなるんですが、それを絶対にほっとかない。本当に骨が折れますけど、いちいち全部必ず立ち止まってなぜモヤっとするのかを検証することが大事です。そしてその箇所を洗い出すには、色々なテンポで弾いてみることもいい方法です。

本来、とても大雑把でガサツな性格なので、私には苦手な作業ではあるのですが(^^;;。これをするとしないとでは、曲の仕上がりが違います。色々曖昧だと、迷いが出て、それがタッチの迷いになり、音が汚くなるんです……少しでもいいピアノが弾きたいと思ってるうちは、これを面倒がらないようにしたいなあと思っています。




【ピアノ演奏のポイント(中・上級者向け)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: