2017年11月01日

テンポをコントロールする

一昨日のコンクールの日記に関連して、テンポのことを書こうと思います。

皆さんは、今弾いている曲の自分の適正テンポをご存知でしょうか?あくまで、「今の段階の」です。私が思う、今の自分の適正テンポとは。
@楽譜通りの音を鳴らせて
A指使いに迷わず
B強弱、フレーズをはっきりさせ
C音楽的に弾ける
ギリギリのテンポです。これって実は、結構遅くなるはずだと思います。

子供達をレッスンしていると、弾けていないのに速く弾こうとすることがあります。そこ、ゆっくり弾いて?と言うと、大体みんな嫌そうな顔するんですよ(^^;;。中には、死ぬほどゆーっくり弾き始めて、どうだっ!て顔する子もいまして。いいね〜、じゃあそれで最後まで弾いてね…と言うのですが、結局もとの速さに戻ったり、わからなくなったり…と、弾けた子はまずいないです。そして、次に来るのが「速くなら弾けるからいいんだもん!!」です。

ですが。必ずゆっくりも弾けなくてはダメだと私は思っています。そして、ゆっくり弾いてみると、おもしろいくらいボロがでてきます。それくらい、私たちは曖昧にピアノを弾いていて、テンポ速ければそれが自然にごまかされて弾けたつもりになりやすいです。つまり、ゆっくり弾くのは速く弾くより難しいです。なので、ゆっくりをキチンと弾ければ、きれいにテンポを上げていくことができるし、暗譜もそれだけしっかりします。いいことづくめです(^^)。

さて、一昨日のコンクールのKちゃんですけども。私がハタから見ていて感じたのは…ここ数週間、彼女は試行錯誤で色々なテンポで弾いていたようです。速く弾くと、まとまって勢いも出るけど細部が粗くなる。遅く弾くと、丁寧にはなるけど流れが悪くなる。先生の指導のもと、よく頑張っていました。私はバイオリンのことはわからないからなんとも言えないけど…それでも、やっぱり。仕上がっていても、ゆっくり練習することは大切です。そしてピアノと違って彼らは、伴奏者によってわずかながらもテンポが変わることもあり得ます。それにも対応出来なくてはいけない。どんなテンポでも動じないように、色んなテンポで弾けるようにしたいところだよね…と彼女に言いながらも、これはピアノでも全く同じだと思いました。

ピアノの場合、ソロであればテンポは好きに設定出来ますが。特に速い曲の場合なんですが、弾きたい速さの少し遅めでも、練習しておいた方がいいです。例えば、本番のピアノの鍵盤が重くて弾きにくい…とか。指先が乾燥してすべる…とか。気持ちよく弾けない環境のことがあります。その場合、速い曲をいつも通りに弾くのは事故りやすいので、少しテンポ落として弾きたいところです。あと、本番は緊張して無意識に速くなりやすいので、落ち着いたテンポバージョンで弾くくらいでちょうどいいです。それでも後から録音聴くと、普通に速いですから(^^;;。でもこれだって、落ち着いたテンポバージョンを練習しておかないと弾けないものです。テンポ落とすって、上げるよりも怖いものなので、その場でいきなりやると失敗しますのでね…。

なので、テンポをコントロールする為には、かなり弾きこんで楽譜を理解していることが必須なので、色々なテンポ練習は、舞台にあげる曲の完成度を上げるのにはオススメだと思います。どんな速さでも弾ける!を目指してみてください(^^)。

2016年11月25日

美しい布を織るように

ある程度ピアノが弾けるようになってくると、今度は「少しでも美しく弾きたい」と思うようになるものですよね。自分の演奏の動画や録音を聴いて、私、頑張って弾いたけど…あんまりキレイじゃないなあ…と。

演奏のレベルを上げるにはそれはもう無数のやり方があって、ピアニストですら一生追い求めるものであったりするのですが…。私が最近よく思うのは、ピアノは縦糸と横糸の折重なりで出来ている、織り物と似ているということです。

縦糸が、一つ一つの音符。横糸がフレーズやメロディー。大抵の場合、これらのバランスを取るのが難しく、大体どちらかの糸が太くなりがちです。ちなみに私の場合…以前は横糸(流れ)が強くて、縦糸(個々の音)が弱かったです。これはひとえに…森ばかり見て木を見ない、本来の大雑把でせっかちな私の性格によるところが大きいと思われます(^^;;。とにかく何をやらせても、早いのに雑!と言われて育ちましたのでね…この曲はこんな曲、こう弾きたい、早く仕上げよう!と、外枠を把握するのが先に立ちすぎて、詳細がいい加減だとこうなりやすいです。縦糸がおろそかになると、音が抜けたりかすれたり…が増えます。

私は大人になってからも、自分の演奏のレベルアップは縦糸の強化だ!となかなか気付けず、基本中の基本である「音符と楽譜を読む」という、わかったつもりでわかってなかっていなかったことを先生に教えられ、縦糸のことに気付き…とても納得いきました。

対して、着実にゆっくり積み上げるのが得意な人がいます。丁寧に、キッチリと。こういう演奏の場合、一つ一つの音符がキチンと鳴って丁寧な印象は受けるのですが、横糸が弱いと「音が並んだだけ」になりやすいです。音楽として流れにくいので、聴いていて詰まるような感じがあったり。この場合は、まずフレーズなどの小さな単位でいいから、塊で感じてまとめて弾くことから…になります。

いくら素敵な森を作ろうとしても、一本一本の木々が手入れされていなければ、やっぱり素敵な森は出来ないわけです。そして、一本一本を丁寧に手入れしたとしても、空から森を見たときにいびつであれば、やはり素敵にならない。木が縦糸で、森が横糸みたいなものでしょうか。布を織るだけなら簡単だけども、糸の太さや強さをコントロールしてなめらかな美しい布を織りたいですよね。まずはご自分のピアノがどちらの傾向にかたよりがちなのか分析してみると、縦糸と横糸のバランスが整ってさらにレベルアップできることと思います(^^)。