2016年09月28日

ピアノと山登り

今日は、ずっとお付き合いさせていただいているピアノ友達さんのお宅にお邪魔させていただきました!とても素敵なお家とピアノ部屋。目にも美しく美味しいランチまでご馳走になり、その後しばしピアノなど囲みつつ、たくさんおしゃべりもできて、本当に楽しい一日でした。

ピアノってね、とてもとても奥が深くて、とてもとても時間が取られ、それでも一生かかっても極められないくらい大変なものだと思うんです。そんなピアノをどうして大人になっても弾いているのかというと、それはもう「好きだから」に他ならないんですけど。長い人生ピアノと共に歩んでいると、夢中でどんどんやりたくなって進んで行く時もあれば、なんだかどうしても弾く気になれない時もある。好きだから…が原動力だから、色んなメンタルの具合でいかようにもモチベーションは変わるんですよね。

でも、以前にある方から言われたことがあります。悩んでしまって、どうしていいか分からなくなる時。休んでもいい、答えを無理に出さなくてもいい、だけど動きを止めずにいきましょう…と。そうすれば、おのずと道は開かれていくんだそうです。

何事にも通じるかも知れませんが、ピアノは山登りみたいだなあとよく思います。先生はガイドさんみたいなものかな。この道行くとラクですよ、迷いませんよ、綺麗な景色が見られますよ…と教えるガイドさんです。ピアノの山登りは、みんな目指すところは同じなんですけど、ガイドさんはそれぞれ違う道を勧めたりします。先生によって言われることが違うように思うのはこのせいだと思うんです。ガイドさんがその生徒さんを見て、総合的に判断したり、ガイドさん自身が通ってきた道を参考に選んだりするわけですが、この道のチョイスが生徒さんには合わないことももちろんあるんです。

生徒としての私も、随分悩みました。私は多分…一番近道を選んでは来なかったです。死ぬほど道に迷いましたし、気がついたら元の場所に戻るどころか下山しかかってたこともありますね。子供の頃なんて、先生の選ぶ道が遠回りでぬるすぎるように感じていたので、とにかく険しくても近道を勝手に行こうとしていたんですよ、高校生くらいまで(苦笑)。進む!という気持ちだけはブレなかったんですけど、その強い思いが災いして険しい崖に挑んでは転落してましたねえ…。

でもね、今振り返ってみると。確かに近道はあったんですよ。でも随分遠回りしちゃいました。ただ、その時の私はそうやってしか進めなかったし、その時々のガイドさん先生が私に一番足りないものを一生懸命伝えようとして下さったのが、今では身にしみてわかる気がするんです。で、そうやって遠回りしてきたからこそ見えた景色みたいなのもあって。こんなのもいいんじゃないかなーと思えるようになってきました。

ピアノの山登りは人それぞれです。時々嵐にもあうし、道にも迷うんだけど。それぞれに楽しく歩んで、美しい景色を見られたならば、ピアノやってて良かったな、いい人生だな…と思えるのではないでしょうか。ましてや、時々一緒に歩いてその景色を楽しめる仲間がいたとして。疲れもふっとんでまた歩き出せるなんて、最高だなと思います(^^)。
【つぶやきの最新記事】
posted by mintberry at 19:31| Comment(0) | つぶやき

2016年09月22日

楽譜棚が届きました

今までずっと、転勤のことも考えて楽譜棚はカラーボックスを使っていたんですけど、いよいよちゃんとしたのを欲しいなあ…と思っていました。ところが…楽譜が入るサイズの本棚で、少し気の利いた感じのものって…ほんとに無いんですよね…。インドネシアでオーダーで作ろうかとも思っていたのですが、サイズとか不安で結局作り損ね…帰国して探していたんですが、気に入ったものがなく。母にブツブツ言っていたところ、NOCEさんでお手頃で素敵なものと出会いまして(^^)。
image.jpg

これ、引き違いになっていて、横幅が調節できるんですよ。楽譜増えてきたら、広げてあげればいいし!とは言いつつ、強度が心配なので、やはりこれぐらいの広げ具合にして…詰め込んでみたところ、まだ余裕あります。
image.jpg

空いたスペースにちょっと小物を置いてみたりして、いい感じなんですよ。いよいよ楽譜も出てきたことだし、ピアノ弾かなくちゃ(^^)。
posted by mintberry at 20:53| Comment(0) | つぶやき

2016年08月30日

日本クラシックコンクール予選に行ってきました

少し前の話なのですが、全国で行われている日本クラシックコンクールの予選を見に行ってきました。というのも、三年ほど前に私がインドネシアで教えていた生徒さんが出ると伺っていたもので…。

Kちゃんは当時二年生でした。ピアノを始めて半年ほど、インドネシア人の先生に少し習っていたとのことで、私のところに来てくれたのでした。半年…にしては随分としっかり弾けていて、何よりとても頭のいい子で…私の話をよく聞いて理解してしまう集中力がありました。ブルグミュラーをメインに、エリーゼの為に(全曲)、そして発表会では中田喜直のエチュードアレグロを弾いてもらい、日本人学校のイベントオーディションにも合格してソロを披露してました。

そんなKちゃんは、1年もたたないうちにシンガポールに転勤となってしまい…ですがその後もお母様が折に触れてメールを下さり。私の本帰国前にシンガポールでお会いする機会があり、5年生になったKちゃんのピアノを御自宅で聴かせていただけました(^^)。その時も成長ぶりにとても驚いたのですが、夏に一時帰省を兼ねて東京でクラコンの予選を受けてみることにされたとか。私、もう本帰国してますから、行きたいです!とのことで駆けつけました。

クラコンは制限時間内の自由選曲のようで、Kちゃんは5・6年生の部でショパンの黒鍵のエチュードを弾きました。いわゆる、音大受験やコンクールの課題曲として使われる、とても難しい曲です。ですが、コンクールというぶっつけ本番の緊張感ただよう中で、実に見事なテンポと指さばきで弾ききり、彼女の成長ぶりになんだかもう感無量で…。難なく予選突破です(^^)。

聞けば、この予選当日の朝に羽田に着かれたそうで…飛行機であまり眠れないままそのままコンクール会場へ来たのだとか。いやあ、それなのに見事な弾きっぷりでした、大物だね…Kちゃん(^^;;。手を見せてもらったんですが、小柄な彼女はまだ全然小さくて…私よりも1cmくらい小さなあの手で黒鍵を弾きこなすために、きっと大変な努力をしたんだろうな…と思いました。これから手も大きくなっていくし、ずっとピアノを楽しんでくれたらいいなと思います(^^)。
posted by mintberry at 19:44| Comment(0) | 生徒さん

2016年08月29日

荒井千裕 熊本地震チャリティコンサート 名曲の綴り

image.jpg

私の一番古いピアノ仲間で、過去に何度か一緒にコンサートをさせて頂いたこともある、ピアニスト荒井千裕さんのコンサートに行ってきました(^^)。

誰でも知っている名曲ばかりで構成されたプログラム、昔一度香港で「乳幼児のママだって気軽にコンサートを楽しみたい!名曲コンサート」を彼女ともう一人のお友達とでやらせていただきましたが、その時よりもずっと本格的な、堂々としたチャリティの目的を持ったコンサート…たくさんのことを思いました。

まず、千裕さんの音が随分と変化していました。とても暖かい音色の、芳醇な包み込むような曲想のまとまり。私の知っていた千裕さんは、圧倒的な存在感と華やかな個性を持つ、力強くたくさんの大衆を引きつけるようなそんなピアニストだったのですが。その場にいた100名弱のそれぞれのすぐ横で暖かくさすってもらっているような、そんな音でした。プログラムは、バッハのインヴェンション1番、モーツァルトのきらきら星変奏曲、ベートーベンの月光、ショパンのノクターンに幻想即興曲、英雄ポロネーズなど。

そもそも、本音を申しますと(^^;;。私たちピアノ弾きにとって、実は誰でも知ってる曲だけでコンサートを構成するのはあまり気が乗らないものでして…。あまりにもどこでも聴こえてくる曲ばかりを集めるよりも、最近学んだ曲や知られざる名曲を披露したいことが多いんです。だけど、あえてそれをされたことで、誰にでも楽しんでもらえるコンサートにしたいという千裕さんの当初の目的があり、その目的どおりに聴き手のことがとても考えられた演奏スタイルでした。千裕さんとのお付き合いはもう10年以上になるのですが、そりゃもう彼女は最初から何でも弾けちゃうスゴイ人だったのですが、それでも最初の頃とこんなにも音もスタイルも変わっていくのだな…と改めて思いました。子供のうちに、難しいショパンやラフマニノフを弾けてしまう子がいる。音大受験までに何でも一通り弾けるようにする。でも「弾ける」ことが目的ならばもうそこでピアノは終わりになりますよね。でもこうして、弾けるようになってからも進化を遂げるから、音楽は一生楽しいんです。

本当に、暖かい気持ちになるいいコンサートでした。私も頑張ろう(^^)。
posted by mintberry at 20:17| Comment(0) | コンサート覚書

2016年08月27日

ピアノレッスンについて

私のピアノレッスンですが、基本的にお子様に関しては5歳からお受けしています。というのも、私は最初から読譜をレッスンさせていただきますので、4歳以下ですとどうしても理解が難しいことが多いからです。あとは、1から10まで数えられること、ひらがなが読めること…も前提とさせていただいています(^^)。

レッスンは30分1,500円、45分2,000円、60分2,500円です。毎月月初にその月の回数分だけお支払いいただきますが、お休みになる場合は前日までのご連絡でしたら振替レッスンか返金が可能です。入会金などはありませんし、体験レッスンは無料なのでお気軽にお問い合わせ下さい。

導入時期の使用教材は主に、ぴあのどりーむとバーナム、場合によりバスティンです。弾くレッスンの他に、レッスン時間にもよるのですが音符カード、リズムカード、ワークブック、簡単な聴音、伴奏に合わせて歌うソルフェージュを毎回させていただきます。実は、小さな声でも歌うクセがついたほうがピアノは格段に上達が早いです(^^)。

大人の方も大歓迎です。ここが弾けない、有効な練習方法を知りたい…など、一緒に考えさせていただきます。私自身、大人になってから練習や準備に関してありとあらゆることを考え、試し、学んできました。大人の生徒さんの場合、単発や不定期でも構いません。

発表会もとてもいい経験と思い出になります。私が教えた生徒さんは、発表会が怖くて泣いていた子も含めてほとんどが「今度はいつ?」と聞いてきますので、私自身も発表会が大好きです(^^)。

以上、ご質問ありましたらmintberry@fuwamofu.comまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

image.jpg
posted by mintberry at 15:01| Comment(0) | 講師とレッスンについて